CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
 
MOBILE
qrcode
<< トマトを食ってるやつ | main | もう秋かと思う >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
手仕事の美しさ

昨年種を買ったけど蒔けず、

今年こそはとほうきモロコシを、わずかですが栽培しています。

自分で箒を作りたいなと思ったものの、作り方を知りません。

そんなとき、トレカフェで箒作りのワークショップがあるのを知り、

先日体験してきました。

愛川町の中津箒さんに教えていただきました。



出来上がったのがこちら。



肝心なところは職人さんがやってくれて、かわいい箒が出来上がりました。



そして昨日、中津箒さんのお蔵にお邪魔しました。

外観の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、

築80年のお蔵は、80年とは思えないほどきれいです。

お蔵の中では、驚くようなずっしりと重く大きなものからミニチュアまで

大小いろんな箒が展示・販売されています。







どれも素晴らしい“作品”です。



とても美しい。これらの箒は実用品なのですが、芸術品でもあります。





代表の柳川さんは、文化としての箒作りを残していきたいという想いで、

12年前に会社を興し、活動されています。

材料の箒草を無農薬で栽培し、綿糸を染色し、

すべて手作業で和箒を製造し販売しています。

また、このお蔵も残していきたいと思い、

改築し箒博物館として利用しています。

木造の蔵の周りを鉄筋コンクリートで覆った珍しい作りです。



お庭では箒の材料となるほうき草を干していました。

毎日広げて並べてはしまっての繰り返し。これも大変な作業です。





穂の青さを活かすため、穂先は日に当てないようにしています。



現代日本が病んでいる原因は、衣食住そして身の回りの道具も含めて、

昔からの良いものが失われているからだと思っています。

だから中津箒さんの様に、伝統的な道具を作り続けることは、

とても大事なことであり、ありがたいことなのです。

良いものを見学させていただき、いろんなお話も聞かせていただきました。



さて、うちのほうきモロコシですが、





中津箒さんで使用しているものとは、まるで別物でした。

茎は太いし、穂も長い。

これは別の作り方を考えようと思います。

収穫は近いです。




 
| つながり | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tukuisizen.jugem.jp/trackback/677
トラックバック